クラウドソーシングの上手な活用法

フォローする

どうも。モッチー(@VALON_design)です。✋

今回は、これから「フリーになるんだ!」と意気込んでは見たが、「仕上がりにまだまだ自信がない…」、「コンスタントに仕事の依頼が来るのか不安…」「ネット案件はあるけど、安すぎて割りに合わないじゃん…」と言うような悩みの方向けにオススメの記事にしました。

皆さん、既にご存知の方も多いかと思いますが、クラウドソーシングは活用されていますか?そのような案件を扱っているサイトが多くある現在、中でも特に有名なところをいうと、言わずと知れた「ランサーズ」・「CrowdWorks」ですね。
また、ここ数年で伸びているのが、自分の得意な事やスキル・知識などを商品として売り込む提案型(CtoC)の「ココナラ」などが多く利用されています。
そこで、まだ活用した事が無い方や提案しても採算が取れてない方など向けに、私なりの上手な活用法・見解を綴り、皆さんの独立進展に繋がる一つになればと思いますので、是非ご覧下さい。

まず、クライアントからの依頼型「ランサーズ」及び「CrowdWorks」と、自分の得意を売るCtoC型「ココナラ」との2種類に分けて話したいと思います

依頼型「ランサーズ」・「CrowdWorks」の活用法

私がデザインを始めた当時、仕事は代理店通しでの依頼が大半で個人で直接仕事を取る事は非常に難しい時代でした。勿論ネットで案件を探すなんて考えられない時代。だってメール1つ送るのに数分もかかってたような時代ですからね。それが、今や画像や動画まで簡単に送信ができ、納品データまで簡単に送れてしまうなんて、凄い進歩だなぁと日々感じております。
少し、話が逸れてしまいましたが…そんな時代になったからこそ発展し続けてきたのがこの「クラウドソーシングスタイル」。
勿論私も時々活用しています。「ん!?時々って何?」と思われた方、察しが早いですね。

それには理由があります。
私が活用する目的の先にあるのは「フリーランスになる事」です。
確かに「サイト内」には沢山の案件がありますし、自分の興味のある案件を選べるので好きなだけ、どんどん提案できます。素晴らしいシステムですね。

ですが提案の方式には2種類あります。プロジェクト形式(案件に対しての価格提案とスキルな知ってもらい依頼が来れば成立)はまだしもコンペ型(案件を実際に制作し他の方々との選定をし、採用を選ぶ)の場合は提案しても採用されなければ当然全て無駄な制作時間となってしまいます。

「当たり前でしょ」って思いますよね。そうです当たり前なんです。が、フリーランスを目指す以上時給換算でシッカリと考える事が大切だと言う事です。

例えば、興味のある案件があったので提案をした。沢山の競合の中から採用をいただき報酬もいただいた。
さて、ここで報酬金額を制作時間で割った場合採算は取れていますか?
まさかの「時給¥500円!?]なんて事にはならないようにしなければなりません。
もっと言えば、まず制作する前にこの案件ならこの位の「時間でできる」と言う予測をシッカリしなければいけないと言う事です。製作者であればこの辺りの考えは改めて知る所ではないのですが、ついつい忘れてしまいがちになります。それを気お付けた上で自分に合った案件を探す事をオススメします。

因みに現在私は、コンペ案件には手を出していません。基本的にはプロジェクトの方に提案をしています。
理由は、「継続の可能性」があるモノにしか目を向けていないからです。プロジェクトだと「継続」とシッカリ明記されているモノがあります。今後、フリーランスにとって業務の安定には欠かせない要素になるからです。
掲載案件の殆どは「単発の案件」なので、副業目的やメインの仕事の合間で提案するなどの方は良いでしょう。しかしフリーを目指している方は意識的に「継続案件」に眼を向けるべきだと思います。

ランサーズ」「CrowdWorks」はこんな人・こんな活用法がオススメ

  • 制作に掛かる前に時間換算をしっかり予測ができる。採算が取れるかどうかの線引きが明確にイメージできる。
  • 製作中も時間を意識して制作する事で利益は出せる。
  • 時間の空いた時に出来るのは大きなメリット!(副業としては勿論、主婦業兼フリーの方やチョットした合間を有効に活用したい方などには超オススメ!)
  • フリーランスは起業準備中にクライアント確保として、また起業後も継続案件をこまめにチェック!
  • デザイン考案の練習やスキルUPとして割り切るのであれば、時間を気にせず仕上げてみるのもあり。起業前の実践練習としては最適。
  • 他の方の提案も観れるので楽しく、しかもデザイン思考として多く学べる事もある。

ただ、むやみにロゴ・チラシ・バナーなどを制作したり、提案数が少ないからとか金額が高いからとかで選ぶのはおすすめしません。それは、目先の利益にとらわれているだけで、自分自身の成長には繋がりません。
日々、スキルUPを考えて活用しましょう!

出品型「ココナラ」の活用法

次に、自分の得意な事やスキル・知識などを商品として売り込む提案型(CtoC)の「ココナラ」の上手な活用法です。
これまでネットでは一般的にクライアントが募集をかけ、それに対して製作者側が提案する形が主でしたが、今や自分から「こんな事が出来ます!」と提案(宣伝)し、それを見たクライアントが依頼をしてくるそんな時代に入ってきました。

これもまた何とも素晴らしいシステムじゃないですか!自分の土俵で勝負ができるわけですよ!こんな楽な事はない!」っと思いたいのですが…良い話には当然人は寄ってきます。競合がとにかく多いです。他には無い特別なスキルがあれば別ですが、中々一歩リードするにはそれなりの努力と継続は必要でしょう。確かに軌道に乗るまでは時間はかかると思います。自分で提案する内容を事細かく記載したり、その他アピールする為のプロフィールを書いたりと売り込む為にやれる事が色々あります。最初大変です。ですがそれが、他の事への活用(プロフィールの要素として)が出来たり、自身の長所・短所の理解またはブランディングにも繋がる要素になるかもしれません。勿論、依頼が沢山来る事が一番良い事ですが、他の人の内容を見たりして学んだりする事もできます。
収入を得る事が一番の目的ではありますが、違う側面から見ても良いツールだと思います。

自分の得意=「武器」、それを売る→「武器のスキルUP&ブランディング効果」
起業準備としては良い要素が沢山あるのではないでしょうか。

ココナラ」はこんな人・こんな活用がオススメ

  • 何を売り込むか、幾らに設定するかなど自分で決められるので、起業準備の練習には最適。
  • 継続案件を意識した提案がシッカリ動きだせば、フリーランスの収入としては強みとなる。
  • その時々で、自身の生活スタイルに合わせた設定も可能。
  • 同業者の提案内容はかなりシビアに設定しているので、それ以下は勿論、同等の事をしていてはダメ、眼を引く魅力的なアイデアを盛り込もう!

※この「自分の得意を売る」システム、実はランサーズが運営する「ランサーズストア」としてのサービス提供もあるのですが、「ココナラ」の規模と比較してしまうと少々厳しいようなので今回はとりあげていません。それと
クラウドワークスが運営していたサイト「Wow!me」もありましたが、こちらは2018年12月17日(月)をもってサービスの提供を終了しています。やはり「ココナラ」の一人勝ちなのでしょうかね。

★自分による自分の為のブランディング価格!?を設定しよう★

利益を出す為に、自分の能力を考慮しながら各媒体の価格設定一覧表を作って、基準価格を把握しておきましょう。算出方法は、いたって簡単。月収目標の設定からはじまり、次に1日でいくら利益を出せば良いか、そして最後は時給換算にたどり着きます。この数字を割り出した上で、自分の作業スピードなどから、例えばチラシならこれ位の金額で何時間で仕上げれば、利益はおおよそいくらになる……と言ったよう解ってきますね(福利厚生や税金分などの差し引きもおおよそでいいので忘れづに)。それが解ってくると、こういったネット案件でも計算ができるようになり、手を出すか出さないかが見えてきます。
それと、忘れてはいけないのは、ネット案件での「手数料」です。今回ここには詳しく触れませんが、各社によって変わってきます。シッカリ把握した上で提案をしていく事が望ましいのではないでしょうか。この差し引き分が結構デカイ!(泣)。折角採用されたのに振り込まれた金額を見て「ガックリ…」なんて事のないようにちゃんと把握しておきましょう。
また、ネット以外で通常のお客様からの依頼の時に有りがちな「ちょっとお勉強してよぉ~」みたいな事を言われた場合でも「赤字ですよぉ~もぉ~」といいつ、余力のある価格設定をしていれば難なくクリアーできます。気持ちにゆとりが出来れば仕事に余裕もでできますからね。

「お金の細かい事は面倒だ」と言わず、自分自身のマネージメントをシッカリやりましょう。

 

まとめ

普通であれば、自身が活用している事に関しては良い事を沢山描くのが一般的でしょうが、私は実体験を元に素直に思った事を全て書きました。なぜなら、そこまでの事を書いて初めて個々の人達が「自分のスタンスに合っているか合っていないか」が見えてくるからです。また「こういう活用法なら自分にも合わせられる」って事も十分ありえます。

それが解るのは、これを見て下さった方、あなた自身だけです。

私が出来るのは、「起業を目指している方や軌道に乗せようと頑張っている方の為にお役に立てるちょっとしたヒントを言う」事だけ。その程度の事しかできませんが、今回の内容は私自身も色々悩んでいる中で、必要な取り組みと思っている事なので、是非おすすめします。

ご自身なりに「クライドソーシング」の上手な活用法をシッカリ確立し、未来あるフリーランスライフを送って下さい!!
モッチー(@VALON_design)でした。ではでは✋

ABOUTこの記事をかいた人

デザイナーを本業とし、傍でphotoshopによる写真合成や加工でアーティスト活動をしています。 趣味は、アウトドア、カヤック。他アクティブな事が好きです。特技は、パン作りです。